今すぐ出来る!癌を予防する方法

  • 投稿日:
  • by

乳酸菌。ヨーグルトにたくさん入っている良性の菌です。ヨーグルトに張っている以外にも乳酸発酵で作られる、例えばすぐきやしば漬けのようなお漬物にも入っています。世界的に見て健康的な毎日を送るうえで乳酸菌をたくさん取った方がより健康になれる、という考え方が根付いています。そのため乳酸菌で作られるお茶なども世界各地にはたくさん存在します。ブルガリアヨーグルトで有名なブルガリアは乳酸菌を日々取ることによって健康が保たれ、長寿国の一つとしてよく知られています。

乳酸菌ってそもそもどんな働きがあるのでしょうか。簡単に言えば、体の抵抗力を高めることで知られています。乳酸菌にも様々な種類があるのですが、例えば「プラズマ乳酸菌」と呼ばれる乳酸菌は体の抵抗力を高めます。免疫細胞に働きかけ、身体の外から入ってくるウィルスを体内に入ってこないようにする働きがある、このプラズマ乳酸菌。どのように取り入れればいいのか!?簡単なところでサプリメントとして摂取するのが簡単です。このプラズマ乳酸菌以外にも効果のある乳酸菌を日常的に取ろうと思うとやはりサプリメントが一番良い方法だと思います。 乳酸菌サプリ効果は日常生活にも! サプリメントで摂取するとしたら、どの食べ物を食べようか、と迷う必要もないので簡単で良いですよね。

また乳酸菌を取ることで免疫力が高まることで癌細胞が出来にくくなるという実験結果もあるそうです。乳酸菌を取ることによって花粉症が治るというデータや癌予防になるというデータ。このようなものを見ているといかに乳酸菌が私たちの体にプラスに働いているかがよくわかりますね。(※乳酸菌と癌細胞の関係は諸説あります)

サプリメントで乳酸菌を取る、ドリンクで乳酸菌を取る、さまざまな方法がありますので、ご自分の生活スタイルに合わせて一番簡単な方法で乳酸菌を取るようにして下さいね。健康な体を手に入れたいのと思うのなら、なるべく早くに乳酸菌を生活の中に取り入れましょう。

大腸がんの恐怖

  • 投稿日:
  • by

その昔、日本人の腸は欧米人のものに比べて長かったようです。どうしてかというと、食べ物の消化に時間がかかったからです。ではどうしてそんなに消化に時間がかかったのでしょうか。それは今と比べて食べているものが違い、昔の日本人が食べていたものは食物繊維などが豊富に含まれた食品を多くとっていたので、消化に時間がかかったのだそうです。今の食生活は食物繊維をたくさん含んだ食べ物を食べていないことが多い。食物繊維の多く含まれる食品とは根菜野菜(たとえばレンコン等)、海藻類(若芽や昆布、めかぶなど)、野菜自体も消化しやすいかたちで摂取することが多くなりました。加工されていない野菜とジュースを比べた時に、どちらが消化しやすいかというと勿論ジュースの方が消化しやすいですよね。そう、このように加工されている食品をたくさん取ることによって腸の長さが短くなってきているようです。

それからよく言われる、欧米人のような食生活も日本人の腸に与えた影響は大きかったようです。それは長さにだけ影響したのではなく、病気にも影響を及ぼすようになりました。例えば「大腸癌」。その昔、大腸がんは日本人にはとても少ない病気でした。それが今では大腸癌によって命を落とす人も出てきました。大腸癌になるような食生活、それが肉をたくさん食べて野菜をあまりとらなくなったこと。それが影響しているという説があります。肉をたくさん取ったからと言って直接大腸癌になる、という訳ではなくて、肉ばかり食べ、野菜などを取らなくなったことが影響するそうです。

考えてみれば肉食獣の動物だっているはずです。肉を食べていることが直接大腸癌に影響する事ではないはずですよね。でもそんな肉食獣だってちゃんと草を食べて、消化不良を起こさないようにするなど、工夫しているのです。それを見習って人間も肉を食べるのならしっかりと野菜も食べておきたいものです。

大腸には良性のポリープもいくつかある人が多いのです。良性ものならそれほど問題ありませんが、悪性なら大変。そうならないように、定期的な健康診断をお勧めします。

がんって絶対治らないの?

  • 投稿日:
  • by

日本人のかかりやすい病気を考えた時にランキングの上位に入るのが悪性腫瘍です。つまり簡単に言えば「癌」です。癌は誰にでも起こりうること。よくよく周りを見渡すと、大きな声では言えないけれど癌に寄って亡くなられた方や癌を治療中とういうかたが一人や二人はいるのではないでしょうか。それほど癌は誰にでも起こりうるリスクのある病気だという事です。誰でも病気にはなりたくないもの、でもなってしまう事もあるものなのです。だからこそ、そうならないための予防が大切になるわけですが...、それには一体どうすればよいのでしょうか。

 

一番すぐに始められることと言えば、不摂生をしないこと。タバコを止めること、お酒を飲み過ぎないことなどが挙げられます。特に煙草は発がんリスクを何倍にも高めることで有名です。ですからタバコを吸っておられる方はすぐにやめることをお勧めします。もちろん、タバコはすぐにやめようと思ってやめられるものではありません。最近では禁煙外来を備えている病院も多いので、それを利用するのも一つの手です。利用一回までなら健康保険がきくところもありますよ。大きな病院などでやっています。タバコをやめようと思っておられる方には朗報ですね。

 

癌はなってしまうと自然完治はなかなかしないもの。自然治癒力で治してしまおう、という宣伝をしている会社もありますが、でもそううまくいかないもの。薬物療法か手術でその部分を取り除くことが治療法になります。癌になったから必ず命を落とす、という病気では、現代ではそういうわけでもないで、癌で命を落とさないようにするためには早期発見早期治療が重要になるわけです。健康診断に毎年行くようにしましょう!

 

癌にならないためにはその予防と、それから健康を保つうえで欠かせない健康診断に欠かさず行くようにしましょう。これで命をつなげたという人もたくさんいますから。健康あっての良い人生。癌家系の方には特に毎日の生活を大切に不摂生をしないように、有害物質を取らないように気を付けてもらいたいと思います。